シーバスガイドブック☆スズキの生態図鑑

スズキの色

シーバス(スズキ)の色

サーフ(砂浜)に居るシーバスは銀色で、腹も真っ白。
港湾部に居るシーバスは、どす黒く、なかには茶色い腹のものもいる。

 

これをもって、銀ぴかのシーバスは食べても美味しいが、黒っぽいシーバスは臭くて食べられないという話をする人がいる。

 

ところが、色の違いは食べられるかどうかと直接の関わりは無い。
シーバスの変色の原因は、外的から身を守るためであると考えられている。
いわゆる、適応だ。
砂浜にいる魚は上から鳥に狙われないように白っぽく、カラス貝のいるところ(港湾)にいる魚は黒くなって身を隠す。

 

シーバスの臭いは喰ってる餌による違いで、これもまた食べられるかどうかとは直接関係するものではない。


ホーム RSS購読 サイトマップ